​プロフィール

作業光景

2016/10/04

 

こんにちは。

 

今日はなんとなく静かな時間が流れている感じがします。

 

 

 

目の前では

今朝からずっと社長が細かな作業をしています。

地上納骨堂の蓋に絵柄を彫るための下準備です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

***

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに「地上納骨堂の蓋」とは、↑ 赤丸のところのことです。

(よそのサイトから画像お借りしました)  

 

 

 ***

 

 

 

石(これは黒御影石)に絵柄や字を彫るときは*サンドブラストを用います。

絵柄を写した粘着シートを石に貼り、

絵柄に合わせて残したい(彫らない)ところ

切り抜いています。

 

テンプレートをつくる、といった感じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

←福寿草の花

 

 

 

 

 

 

 

できあがったら、全体にサンドブラストをかけていきます。

 

最終的に

黒く見える面が彫れて、

白い部分の絵柄が残り浮き上がって見える

ということになります。

 

 

 

こまかーい。

根気と集中力と手先の器用さが必要

 

 

 

 

傍から

ふぉー

と思いながら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*サンドブラスト【sandblast】

エア-コンプレッサーを用いて,鋳物・陶磁器・ガラス器などの表面に

金剛砂こんごうしやなどの研磨材を吹き付け,仕上げや彫刻を施す加工法。

また,それに用いる機械。砂吹き。

(大辞林 第三版の解説)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

自遊石PLUS

長野県松本市にある(有)伊藤石材店の

ギャラリー兼事務所

こちらはスタッフブログです。

かたい石から柔らかい石まで

あれこれと気まぐれに話をしています。

社長・伊藤博敏のブログ「自遊石雑記」はこちら↓

http://scrap.jiyuseki.com/

最新記事

2019/04/20

2019/02/15

2019/01/30

2019/01/18

2018/11/10

Please reload

アーカイブ

Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2015 by Hirotoshi Ito. Proudly created with Wix.com

  • facebook-square
  • Twitter Square